診療時間

時間

■休診日
第3水曜日・月・水・
土曜日午後・日曜・祝祭日

■受付時間
平日午後の診療は午後4時迄、土曜日午前の診療は
午後0時迄にのご来院をお願い致します。

■診察券のある方の最終受付は平日午後4時半、土曜日は
午後0時15分とさせていただきます。

■乳がん検診・美容皮膚科は
予約制となります。

■初めて受診される方は
ご予約が取れません。

時間表

今月の詳しい診療時間はこちら

産婦人科・産科携帯サイト

ちょっと…

アンチエイジング  抗加齢学

2007/01/22

サプリメント(補給)とはいわゆる“栄養補助食品” “健康補助食品”といわれるものでビタミン、ミネラル、蛋白質、アミノ酸、脂肪酸、食物繊維、西洋ハーブ類などの食品があります。近年、抗酸化能を持つサプリメントが老化防止に有効性が高いとされビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類、カロチノイド、ポリフェノールが注目されています。

ここでバレンタイン前にてカカオマス・ポリフェノールについてちょっと・・・。

チョコレートの主原料のカカオは脂肪と中心に、蛋白質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維などをバランスよく含んでいます。90年代以降はカカオのなかのカカオマス・ポリフェノールが注目されています。他のポリフェノール同様、抗酸化作用でガンやウイルス感染を防ぐと言われており、またカカオマス・ポリフェノールは動脈硬化の引きがねになるLDLの酸化を抑える作用があると言われています。つまり動脈硬化の予防です。しかしながら、チョコレートには良質と言えども脂肪が多く含まれます。チョコレートは優れた健康食品ですが飽食の時代、自分の一日の摂取カロリーを考えて果物・野菜などの食品も含めてバランスよくとることが大切と言えます。
数年前にはカカオマス・ポリフェノールの濃度の濃いビターチョコの摂取は、アメリカではダイエット効果のありとニュースでも報道されていたました。
今年のバレンタインはビターチョコを少量にしては如何でしょうか?

カカオの期待されるおもな健康効果:
動脈硬化を防ぐ
ガンの予防につながる
虫歯を防止する
免疫機能を調節する
胃潰瘍の治癒を助ける
便秘を解消する
集中力・記憶力を高める
  

検診

2007/01/11

検診の普及により減少を続けてきた子宮癌死亡者数は93年に最低になって以来増加に転じています。75年以後増加してきた子宮体癌によるものか?と分析はされています。
子宮頸癌・子宮体癌も比較的に容易に検診が可能です。
異常があれば検診にて高い確率で病気が発見できます。
今までに受けられたことのない方は、是非、1年に一度受けてください。
  

新年のご挨拶

2007/01/09

新年あけましておめでとうございます。
より良い実りの年となりますようにスタッフ一同励んで行きたいと思います。

人は皆色々な経験・体験をします。時にはつらいこと、嫌なこと、も多くあります。
けれども皆それを解決する力を必ず自分自身の中に持っています。
今年は自分のそんな力を信じてみませんか?
あせらず、堅くならずに、反省もしながら・・・
母から大きな声を上げて誕生し、かわいい笑顔を見せてくれた、そんな時の素直な自分もいいものです。

吉本興業のお笑い、ストレッチ体操、明るい太陽のもとのウオーキングも自分自身の免疫力を高める効果があります。元気になる方法見つけてみませんか?
  

この場をおかりして御礼申し上げます

2006/12/04

11月は多くの方々に助けて頂き、開院することができました。
この場をおかりして御礼申し上げます。
ありがとうございました。

12月に入り女性はクリスマス準備やmom(マム)は学期末懇談、年賀状の準備に
忙しい季節です。皆様如何お過ごしですか?
紫外線のダメージを受けにくいこの時期はお肌の安定する最適な季節です。
そんな中、準備して参りましたお肌のアンチジング(美容皮膚科)を始めました。
HP上の詳細は現在作成中です。忙しい時期のイオン導入はrefresh効果大です。
翌日のツルツル感はちょっとした活力にもつながります。
またレーザー脱毛:ワキ限定の1年間パスも設定しましたのでご利用下さい。
  

“mom ウィメンズクリニックおおさこ” 開院に関して

2006/11/01

十数年前から産婦人科医療は大きく変化しています。
従来の産婦人科医院がレディースクリニック又はウィメンズクリニックと名称を変え、数年前から女性外来の設置が各都道府県で見受けられるようになっています。更にこの2、3年前からは性差医療を反映した女性総合外来として、産婦人科学、皮膚科学、乳腺内分泌学と多岐にわたる範囲を診療科目として診察する動きが多くあります。
そのような中、女性の為の女性によるクリニックを準備してきました。

クリニックの名称に“mom”と頭につけたことには下記のような理由があります。
1.まず人“human”は皆母“mom”から一つの命としてこの世に存在することより、
  母“mom”に対する敬意。
2.女性の社会進出にあたり、少子化が進んできたこともありますが、
  女性も“woman”から“womama”となっても決して
  マイナスばかりではないとの“mom”に対してのメッセージ。
3.“Smile to smile mom”又は“Human to human mom”と付けることにより、
  ためらいがちな産婦人科受診をより身近なものにするため。
4.女性の乳癌が悪性腫瘍第1位より“Mammography”を1年以内には導入予定にて
  乳腺の視覚的イメージとしての“mom”

“mom ウィメンズクリニックおおさこ”と名称し、今後女性の医療のために努めたいと考えております。
  

前ページ  
- Topics Board -