診療時間

時間

【休診日】

■ 第3水曜日・日曜日・祝祭日

■ 月・水・土曜日の午後診
※ 水曜は不定期にて診療

時間表

 

時間表

今月の詳しい診療時間はこちら

【ご予約】

■ 診療が始まった時間枠でのご予約は取れません。

■ 初診の方はご予約は取れません。

■ 乳がん検診・美容皮膚科は予約制となります。

産婦人科・産科携帯サイト

診療内容

婦人科

•子宮がん検診 •不正出血
•子宮頸がん予防ワクチン •クラミジア感染症
•卵巣検診 •パピローマウィルス等
•子宮筋腫 •にきび
•子宮内膜症  
豊中市子宮がん検診について

当院は豊中市子宮がん検診、市民検診が可能です。診察時間内に“豊中市生活習慣病検診受診票 のはがき”を必ず持参のうえ受診して下さい。

平成19年6月から、豊中市の市民検診の子宮がん検診は、以下のように変わります。厚生労働省の“がん検診実施のための指針”に基づき変更するとのことです。
対象年齢が20歳以上に引き下げられます。
これまでは30歳以上の女性が対象でしたが、6月以降は、20歳以上の女性が対象になります。
2年に1回になります。
これまでは市民検診と毎年検診資格がありましたが、6月以降は、隔年となります。
平成19年度は、和暦で偶数年に生まれた方が対象となります。
例)昭和12年、28年、36年、50年生まれ などの方が対象です。
5月末までは30歳以上の女性は、これまでと同様に受けて頂くことができます。
なお、一般健康診査(血液検査など)は、これまでどおり、30歳以上の市民は毎年検診を受けることができます。市民検診は、疾患の早期発見・早期治療を目的として地方自治体が推奨している事業で、一般の人間ドックなどに比べると安価で検診を受けることができます。
採血等の検査になりますので朝絶食にて受診してください。

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について

女性のライフスタイルが変化したことで、女性の乳がん、子宮がん(子宮頸がんと子宮体がん)の発病率は急激に増えています。中でも、若年層に増えているのが、子宮の入口(膣部)に発生する「子宮頸がん」で、セックスによるHPV(ヒトパピローマウィルス)というウィルスの持続的感染により発生します。このHPVはどこにでもいる、ごくありふれたウィルス。セックスの経験が一度でもあれば、だれでも感染する可能性があり、女性の約80%は感染を経験するといわれています。人に感染する型は100種類以上ありますが、その中で発がん性のものは約15種類。さらに、子宮頸がんの原因として検出頻度が高いものは16型、18型と呼ばれる2種類です。

実は多くの女性が発がん性のあるHPVに感染するものの、発がん性HPVの感染からがんになるまでは約10年かかるので、ほとんどの場合はその人の免疫力によって自然治癒されます。また、自然治癒ができなくても、がん細胞になる前段階の「前がん状態」で発見できれば、15分程度の簡単な手術で除去が可能。子宮を残し、妊娠や出産に影響なく治療が行えます。

子宮頸癌予防ワクチンの接種時期は性行為開始前がもっとも効果がありますが、その後でも効果は期待されています。世界では12歳前後に積極的に接種しています。ワクチンには2価ワクチン(サーバリックス)と4価ワクチン(ガーダシル)があります。4価ワクチンは尖形コンジローマという外陰部にいぼができる疾患の予防もできます。オーストラリアでは10代にガーダシルを接種したことによりすでに尖形コンジローマの発症率が減少しています。

『子宮頸がん予防ワクチンについて』

子宮頚がん予防ワクチンは2種類があります。

現在、日本で接種できる子宮頸がんの予防ワクチンには、HPVの16型と18型の2つのHPVに対して感染予防効果を持つものと、 HPVの16型と18型に加えて尖圭コンジローマの原因となる6型、11型と4つのHPVに対して感染予防効果を持つものがあります。

「もう少し大人になってから・・・」というよりは、今、ワクチンできちんと予防しておくことが将来の病気を減らすために大切です。
十分な予防効果を得るため、必ず同じ種類のHPVワクチンを3回接種することが必要です。

子宮頸部予防ワクチン・4価ワクチン・ガーダシル  http://www.shikyukeigan-yobo.jp/
子宮頸部予防ワクチン・2価ワクチン・サーバリックス  http://allwomen.jp/

当院はガーダシル4価ワクチンの接種をおこなっております。

『公費対象以外の方に関して』のお知らせ

*接種料金:自費

※接種に関する説明・注意事項説明約10分ほどあります。
1回目 18,150円
2回目 15,000円
3回目 15,000円

*当日は、ワクチンの説明、接種後安静のため、約30〜40分かかります。
*持ち物等、保険証・母子手帳

公費対象者は当日保護者の同伴が必要です。
*事前に問診表、ワクチンのパンフレットをお渡しします。また、初診の方は
 カルテ作成しますので、可能な方は保険証持参のうえ、ご来院下さい。

予約制です。お電話にてご予約ください。

*子宮頸部予防ワクチン・4価ワクチン・ガーダシル

薬剤に関してもっと守ろう.jp
MSDサイトへ

子宮頸がん予防ワクチンの注意点
●6型、11型、16型、18型以外のHPV型に対しては予防効果が期待できません。
●既に生じた病変の進行予防効果は期待できません。
●長期予防効果は限定的で、追加接種の要否については明確な基準がありません。

産科

•妊婦健診
•不妊治療
•避妊(避妊リング・避妊ピル・緊急避妊ピル
 
※当施設では分娩は取扱っておりません。
妊婦検診・および産科について

当院は分娩施設を併設しておりません。
また妊娠の診断・検診等はすべて保険外診療となります。
分娩施設を持たないクリニックにて、他院と同様、緊急時および夜間の対応が不可能です。産科の経過に関しましては予測のできない事態も十分考慮に入れる必要がございますので5ヶ月未満の妊娠週数までの検診をさせて頂きます。
また、分娩施設と連携のはかれる患者様に関しては、ご相談の上の診察と
なります。

思春期外来

更年期外来

•漢方薬
•ホルモン補充療法

乳癌検診

【乳がん検診に関して】

日本の乳がんに関しては年々罹患者が増加しております。
乳頭部からの出血・または乳腺のしこり等症状のある方は乳腺外科受診をしてください。
豊中市乳がん検診(2年に一度)ですが対象年齢の方はまず申し込まれることをおすすします。
当院にては完全予約制にて乳がんエコー検診おこなっております。お電話にてご予約ください。
なお当院の乳がん検診(エコー)は豊中市の受診券は使用できません。
自己検診の方法も個別にて説明させていただいております。

*料金 5000円

30代の方は乳腺組織の発達によりマンモグラフィー(レントゲン検査)よりも超音波検査の方が得られる情報が多いとされています。
当クリニックは今後MMG導入予定ですがその間は超音波・触診での検診となります。MMGの必要な方には近隣医療機関をご紹介致します。
厚生労働省(国)で推奨されている乳がん検診は現在、現在マンモグラフィー(レントゲンの検査)と触診の併用です。

少しでも、女性の皆様に乳腺の関心を持っていただきたいことからエコーと触診のみの乳がんエコー検診させて頂いております。

正午から2時ごろまででの予約制にて受け付けております。
当クリニック初めての方・再診の方もお電話並びにクリニック受付にてご予約をお取り下さい。


またマンモグラフィー検査(MMG)は一人でも多くの方に受けていただきたい検査ですのでエコー結果でくわしい検査の必要な方、またはご家族の方に乳がんの患者様のいらっしゃる方は近隣の医療機関をご紹介させていただきます。

アンチエイジング

アンチエイジング=抗加齢医学とは、適切な食事、運動、精神療法を指導し、場合によってはサプリメントなどを処方することで加齢や老化の原因に対して早めに対処し、年齢を重ねても質の高い生活を維持することを目的に進められる究極の予防医学です。

プラセンタ療法

「プラセンタ」とは「胎盤」のことを言います。胎盤にはタンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、様々な細胞増殖因子やサイトカインが含まれています。 プラセンタから抽出された、これらの有効成分を注射や内服で治療に用いる療法の総称をプラセンタ療法と言います。

プラセンタ療法の詳細について

【当院で使用するラエンネック】
ラエンネック(Laennec)は、ヒト胎盤から上記の生理活性成分を抽出した医薬品で、慢性肝疾患における肝機能の改善の健康保険適用の治療薬になっている注射剤です。1アンプル(2ml)中、胎盤抽出物112mg含有されています。

【効果】
非常に多くの栄養素が含まれているので、注入することで身体が内側から整えられ、以下のような効果が期待できます

  • 疲労回復
  • 肩こりの改善
  • 神経痛
  • 更年期障害
  • 血行促進
  • 美肌
初回週2回、次回から週1回のお注射で、早い方では3週目より効果がでるといわれております。

【副作用および安全性】
注射部位の疼痛(2.56%)、過敏症(発疹・発熱・掻痒感など)(0.37%)、注射部位の硬結(0.37%)などがあります。 ヒトプラセンタ製剤による変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の報告は、現在までに国内外ともにありません。 しかし、ヒト胎盤を原料としていることに由来する感染症伝播の危険性を否定できません。 そのため、この製剤を1回でも使用された方は献血ができなくなります。

【料金】
肩のツボへの筋肉注射     自費 2,100円
*承諾書が必要ですので、事前に受診してください。

詳しくはラエンネックのホームページで
www.placenta-jbp.co.jp/medical/

プチドック・レデイースドック

•自費診療
•完全予約制
•所要時間 約2時間前後
※結果郵送可。来院にて結果説明にても可能
プチドック・レディースドック(自費検診)の詳細について

◆プチドック

15,120円
@子宮頸部細胞診(シンレイヤー法)
A経膣超音波検査
Bクラミジア、淋菌検査(膣分泌物採取)
C貧血検査(採血による末血と血清鉄・フェリチン)

◆レディースドック

21,600円
@子宮頸部細胞診(シンレイヤー法)
A経膣超音波検査
Bクラミジア、淋菌検査(膣分泌物採取)
C採血(貧血・血清鉄・フェリチリン)
D風疹抗体(採血) 血液検査(ABO型、Rh型)
  B型肝炎・C型肝炎・梅毒
E基礎体温測定

★オプション

•乳がん検診(乳腺エコー、触診、自己検診指導) 5,000円
•一般採血 市民検診内容に準ずる 21,600円
•甲状腺ホルモン(採血) 5,400円
•HPVハイリスク抗体検査 5,400円
•血液型(ABO型、Rh型) 2,160円
•婦人腫瘍マーカー(採血)CA125、CA19-9、CEA 4,000円
•HIV抗体検査 2,270円
•クラミジア、淋菌検査(子宮or 咽頭) 3,240円
•子宮・卵巣チェック エコー 2,000円
(1回当り料金:H28.2月)

美容皮膚科

美容皮膚科に関して

Laser

当院 では初診時に御説明をさせていただき、その後、御予約を入れさせていただきます。

レーザーの部位により所要時間は異なりますが脇レーザーで約15分ぐらいで終了します。

完全予約制

【美容自費診療料金】
初診料 3240円 / 再診料 840円  ※2015/6/1から料金改正

•イオン導入(40分) 4,600円
•アルギン酸パックなし
•アルギン酸パック追加 700円
•ケミカルピーリングのみ 3,000円
•トラネキサム酸(他のコースに追加) 3,500円
•超音波・イオン導入(60分) 6,000円
(アルギン酸パックあり)
•ヒアルロン酸超音波導入(40分) 5,600円
•レーザーフェイシャル&イオン導入(60分) 16,800円
(1回当り料金:H28.2月)

レーザー・イオン導入等の美容皮膚科に関しましてはすべて保険外診療となります。
また一度受診をしていただいて検査等につきまして皮膚の状態を一度診察させていただき、ご説明させていただき、ご同意いただいた上でのご予約となります。
日程等に関しましてはホームページにて、また、院内掲示板にてお知らせ致します。
また当院のレーザーは医療機関のみ使用を許可された医療レーザーを用いておりますが、主に脱毛とレーザーフェイシャルの目的の医療器械のため、“しみ”をとる目的のためのレーザーとは異なりますのでご了承ください。
機種:米国食品医薬品局認定のアレキサンドライトレーザー(キャンデラ社製、GentleLASE)

詳しくはこちら