診療時間

時間

■休診日
第3水曜日・月・水・
土曜日午後・日曜・祝祭日

■受付時間
平日午後の診療は午後4時迄、土曜日午前の診療は
午後0時迄にのご来院をお願い致します。

■診察券のある方の最終受付は平日午後4時半、土曜日は
午後0時15分とさせていただきます。

■乳がん検診・美容皮膚科は
予約制となります。

■初めて受診される方は
ご予約が取れません。

時間表

今月の詳しい診療時間はこちら

産婦人科・産科携帯サイト

ちょっと…

2007/09/25

暑い夏もやっと終わるのか、この数日はやっと朝晩少し過ごしやすくなってきました。日本の亜熱帯化は地球温暖化の影響なのか?何をするにも便利な時代になっているのは非常にありがたいのですが、それとは引き換えに色々つぶれているように感じる。
機械化が進みそれと同時に、人のこころは何かしら病んでいることが多い。朝青龍・安部元総理大臣と世の中のエリートに上りつめた人でさえ、一般人(言い方にはいささか問題ありますが・・・)同様である。
悩みの無い人などはいない。隣の芝生で幸せそうに見えている場合でもそうでないことは多いのも事実あり。癌になることも多い。ならないことの方が少ない。癌のなっても治る時代であり、また癌にはならなかったけれど・癌は治ったけれど呆けてしまうかもしれない。人生思うようにならないことも多い。

でもいつの時代も人はこの世に産まれ、産まれた命は必ず早いか遅いかいつか終わるときが来る。すった息は必ず吐かないといけない。失敗は成功のもと。どんな経験であっても経験は人を豊かにしてくれる。また人はみな必ず自分自身を変える・身体を治す力を自分の内に持っている。
感謝をしながら強く・優しく・賢く・謙虚に、人として生きていきたいと考えさされた。
朝は早く起き、夜はゆっくりお風呂の入り一日の疲れをとり、早く布団に入る。
朝食はしっかりとり、野菜・魚料理もしっかり楽しむ。ゆっくり歩いて、まわりの自然な風景を楽しむ。家で腹筋・ストレッチ運動をする。それが一番と思いながらジャズを聴きながら、コーヒー片手に冷え性なのに夜更かしをしている・・・・。
傍らに坂東眞理子著の“女性の品格”がころがっている。

*お詫び
マンモグラフィー(MMG)の導入を検討しておりますが、予算・診断技術・場所等の関係上現在は設置できておりません。できるだけ早く導入できるよう努めて参ります。10月11月とまた乳腺に関しては勉強のため学会に出向いてきます!!
MMG検診・エコー検診等乳がん早期発見のために検診されることをお勧め致します。また是非 1年に一度は乳がん検診を受けて、月に一度は自己検診をしましょう!!

  

横浜の乳癌学会

2007/07/03

6月29日・30日横浜にての乳癌学会に行ってきました。
東京の感想はまず人が多いと。また色々なところに交通手段があり私鉄・JR・地下鉄が入り組んでいると!!
どの駅も梅田でした。普段大阪それも北摂のみで生活している者にはとにかく上の看板を見ながらの歩行でしたが、看板はとても親切でした。

学会にて、私が興味を持ったのはちば県の検診のデーターでした。
国のすすめるマンモグラフィー検診でも癌の検診率は82.3%だと言うことです。
乳がんをMMGまたは超音波(エコー)一つの検診方法のみではつまり抜けるものがあるということです。
エコーで抜けやすいのはMMGで得意とする石灰化所見。
現在石灰化を見る超音波の機械を開発中とのこと。
乳がんが心配であれば、自己検診はもちろんのこと、料金は払っても(市民検診は大変安い価格ですが)MMG・超音波両方受けたほうが良いとの結論です。
ただし正常乳腺でも月経前のときに過度?の痛みを感じる場合のみ“乳がんが心配・・・”とあまり慌てるのはなるべく止めましょう。
落ち着いてきちんと月に一度の自己検診・1年一度の乳がん検診がベストだと思います。

それにしてもなぜ乳がんの罹患率がこれほどまで上がってしまったのか?
食生活なのか?子供を持つ機会がすくなくなったからなのか?
乳がんは女性のとって嫌な病気ではありますが、診断がついた場合は自分自身を責めず、また切除はたとえ部分切除であったとしても大変苦痛かもしれませんが、“生きるため”に前にすすんで欲しいと願います。
本当の女性らしさとは、子宮があるとか・卵巣がある・胸がある・子供を産んだとかではなく、言葉で表現することは難しいですが、自分自身をもちゃんと愛しまた自分以外の人もちゃんと愛せるということではないかと思います。
私自身そうありたいと願っておりますがこれがまた難しい・・・・・・・。
  

クリニック休診等に関して

2007/06/18

学会等の出席にての臨時休診、また定休日を診察日に変更など、診療日・診療時間・担当医師の変更が月によりあります。変更に関しては院内掲示板、またはHP・今月の診療時間表にてお知らせしておりますが、クリニックまでお越しいただいてお知りになられた患者様にはご迷惑をおかけしています。この場をおかりしましてお詫びいたします。
“mom”は女性の健康と予防のために最新情報を皆様にお伝えしたいと思っております。

女性の罹患率は現在乳がんが最も高くなっています。
芸能界の方の中でも乳がんの方は多く見られます。
アメリカの乳がん発生率は7人に1人、日本では約20人に1人と言われています。同級生一クラスに必ず一人は乳がんに罹患した・または罹患する可能性のあるこということとなります。
マンモグラフィー検診・超音波・自己検診など少しでも胸の検診を受けて早期の発見をと願っております。

図はこちらから参照しています。
http://www.nyugan.jp/about/date.html
  

点検してみませんか?

2007/05/29

新年度が4月にスタートし、それぞれが大小さまざまストレスを感じたり、今は気にならなくても、意外と疲れていたりする季節となりました。

心理的に余裕があるときには、許せることや気にならないことに対して、イライラしたりすることがあったりしますよね。そんなときは、一呼吸おいて、「なぜ、このことに対してイライラするのか?」考えて見ませんか? 考えている間に、瞬間湯沸し気的にイライラしたことが、たいした出来事ではないと気づいたりするかもしれません。

ストレス解消法は、個人によって異なるとは思いますが、その前に、自分でストレスが溜まっているのかどうか、自分のこころの声もときどき冷静に、客観的に聞いみてはいかがでしょうか?
「自分のことを知る」それは、簡単そうにみえて、自分のことはわかっていて当たり前のようですが、自分が自分のことを一番軽視していたり、自分に対しては冷たかったり・・・・・
特に、女性は、家族(自分以外)には、関心が高いけれど、自分のことはみえてないことが多いようです。
自分のこころも身体もメンテナンスして、休息を与える機会も意図的につくってみませんか?
そうすると、いつもの日常にも小さな変化をみつけられるかもしれません!!

=STAFFよりちょっと=
  

食育・食事バランスガイド

2007/02/23

厚生労働症が食育に関して指針を出していることはご存知ですか?
近年日本の食生活が欧米化し、様々な病気が増えているのが現状です。
毎日のちょっとした食べるもの(野菜を食べましょう!!)で健康でいられるか?
また抗加齢(アンチエイジング)でいられるか?
成人病のリスクを下げたり、大腸がん、乳がん、子宮体がんのリスクを下げたりしてみませか?
アメリカでは食生活が見直され、野菜の摂取量がかなり高くなっています。
それに対して日本ではハンバーガーの売り上げがあがり、それに比例してか脂質の代謝異常が増えています。

また朝食を食べる子供、夜早く寝る子供は “きれにくい”“非行にはしりにくい”ともされています。
お母さんがんばってみませんか?

*食育推進目標(抜粋)
・食育に関心を持っている人を90%にする。
・朝食を欠食する指導を減らす。
 (子供;0%、20代;男性15%、30代;男性15%に減らす)
・食事バランスガイド等を参考に生活を送っている人を60%にする。
・内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)を知っている人を60%にする。
・食品が安全かどうか判断できる基本的な知識を持っている人を60%にする。

朝食の欠食率(子ども)
●朝食をほとんど食べていない児童の推移
小学生 (5年生)2.7%(平成7年)  → 4.1%(平成12年)

*食事バランスガイド
参照:農林水産省「食事バランスガイド」ってなに?
http://www.maff.go.jp/food_guide/about/
  

前ページ 次ページ
- Topics Board -