診療時間

時間

■休診日
第3水曜日・月・水・
土曜日午後・日曜・祝祭日

■受付時間
平日午後の診療は午後4時迄、土曜日午前の診療は
午後0時迄にのご来院をお願い致します。

■診察券のある方の最終受付は平日午後4時半、土曜日は
午後0時15分とさせていただきます。

■乳がん検診・美容皮膚科は
予約制となります。

■初めて受診される方は
ご予約が取れません。

時間表

今月の詳しい診療時間はこちら

産婦人科・産科携帯サイト

ちょっと…

京都での学会・抗加齢学会6月11日12日

2010/07/26

6月抗加齢学会にて勉強に行ってきました。当院は産婦人科なので女性のメタボ・皮膚・ホルモン等を中心に話を聞きました。気をつけれること少々お知らせします。
1. 1回500g・3回食事を取るとして10年間に5.4Tの量にもなる。
       (トッラックより多い量です!!)
       食べているものの内容が悪いと体重増加は当たり前。
        当然脂質異常・高血圧・糖尿病は結果として出てくる。
        毎日の食生活で改善はできる。
        きっちり食べないと太りやすくもなる。
        3食食べましょう。

2. きのこ類・オメガ3の油の摂取がいい。
       豆腐類豆類も積極的に。

3. 年齢とともに胸の筋肉は落ち・乳頭は外側にはなれ・下降する。
        お腹の脂肪は必ず付く。これは仕方のないこと。
        年齢別にて経過のデータ(ワコールによる提示あり)を見るとそんな中でも運動
       (歩くのみ)してる人は予防できる。
       また胸の下垂にあわせていい下着の装着も必要。
       体型がかわり過ぎた場合は病院受診の方が多い。(病気があるとのこと)

4. 紫外線の影響でしみ・しわは増えるが紫外線にあたらず、
       自宅のみの生活でのビタミンD欠乏症も増えている。

あたり前ですが食事は毎日のもの。
夏休みでお母さん大変ですが、好きなものばかりでなく苦手なもの・苦手な料理
も少しずつがんばるのも健康のためです。
病気になりたいですか?  いえいえ。  でもめんどくさいですか? いえいえ。
がんばりましょう !!

きのこ・豆・豆腐は乳癌等の予防因子でもあります。
最近ブロッコリーにも乳癌抑制効果ありとの記事も目にしました。
肥満も乳癌に関しては促進因子でもあります。

写真は4月の京都でパチリ。
満開の桜でした。
ライトアップが綺麗でした。
舞妓さんは中学卒業後に修行に入るそうです。
人生やはり修行です・・・・・か?
最後の写真のように可憐かつすがすがしい姿で人生すすんで生きたいですね。
色々な問題の原因も結果も自分のなかにあることがおおいです。
ひとつひとつあせらずあわてず、すすんでいきたいですね。

8月乳癌の勉強に学会に出向きます。
また次回報告できるように私自身も・・・・・・ゆっくり・・・・すすみます。
  

相撲・・行く末は・・

2010/05/31

春場所お相撲を見に行く機会がありました。
朝青龍が引退・白鵬一人横綱の場所でした。
日本人力士が少なく国技と言っても外国人ばかりで・・・
しかしながら土俵は神聖なものであり、力士は一生懸命戦っているようにも見受けられ、また取り組みの雰囲気はまさにJAPANといった感じでした。
このまま相撲会がつぶれていくのは非常に残念です。
鍛えられた脂肪のみではない筋肉のある身体は美しいものでした。
不祥事のかずかずは計り知れず・・・
日本の政治もですが一体どうなるのでしょうか?

  

リフレッシュキャンペーン5月6月限定

2010/04/15

美顔とリフレクソロジーをセットで体験していただけるキャンペーンをさせていただきます。
お顔のビタミンC超音波導入(約30分)&リフレクソロジー(約40分)
リフレソロジーは下肢血行をうながす部位を中心に資格保有者によりお届けいたします。

ビタミンCは肌の活性酸素を除去し、メラニンの合成を抑制しますので、紫外線の弱い今が最適です。また、保湿効果もありぷるるんお肌に。
■予約制 (診療時間内に来院にてまたはお電話にてご予約下さい)
火曜日・木曜日の10:00〜・11:30〜
キャンセルに関して3日までには必ずご連絡ください。
■料金
3,500円  (税込み)
  

子宮頸がん予防ワクチンに関して

2010/04/15

子宮頸がんの原因は、発がん性ヒトパピローマウィルス(HPV)の感染が引き金であることがわかっています。ヒトパピローマウィルスは性交によって感染するありふれたウィルスですが、その中で、発がんと関連する型のウィルスが長期間感染している場合に、子宮がんを発症することがあります。HPV感染を予防することによって子宮頸がんの発症を予防するためのワクチンが開発されました。子宮頸がんと関連性の高いHPVウィルスの中の、16型と18型に対するワクチンです。
最近は感染原因である性交渉の低年齢化などが影響し、20〜30代の若い患者が増えています。
すべてのHPV感染を防ぐものではありません。
定期的な子宮がん検診は、ワクチン接種後も必要です。
*ワクチン接種は筋肉注射で、抗体価をあげるために合計3回必要です。(初回、1ヵ月後、6ヵ月後)
*ワクチン接種は、接種前に既に感染しているHPV感染や子宮がんの治療にはなりません。

対象 10歳以上から
接種に関しては完全予約制お電話ならびに受付けにて予約となります。

接種料金:自費
※接種に関する説明・注意事項説明約10分ほどあり
1回目 18150円
2回目 15000円
3回目 15000円

子宮頸がん予防ワクチンサイト
http://allwomen.jp/  
  

春の学習その2・産婦人科乳癌学会

2010/04/15

HPVワクチンの一般講演会の翌日東京日帰りお勉強に出かけました。
産婦人科乳癌学会に出向きました。雨の横浜 ランドマーク横でした。産婦人科医にとり、乳がんの診断は日々勉強なのだ!!とまたまた実感しました。
現在日本の現在乳がんは18人に一人です。3年前は20人に一人でしたがますます増えています。将来的には1/15人になりのではとのお話でした。

私の話になりますがMMG導入まで何とかならないだろうか?と悪戦苦闘しております。診断能力・撮影・機械代金・機械を置くスペース等まだまだ難しいことが山のようにあります。
まず私自身のできることからと思い一歩一歩と思い励んでおります。

帰り路 目の前に大阪で大行列であったH&Mが・・・・・・・
思わず中に・・・・お買い物・・・・・・疲れた頭にはとってもよいものでした。
帰りの飛行機にては、目がさめると大阪の夜景でした!

*子宮頸がん予防ワクチンに関して準備できました!!
大変おそくなりました!!

*2010年8月1日より都合により水曜日 午後の診察は休診となります。
ご迷惑をおかけいたしますがご了承くださいますよう  よろしくお願いいたします。

  

前ページ 次ページ
- Topics Board -