診療時間

時間

■休診日
第3水曜日・月・水・
土曜日午後・日曜・祝祭日

■受付時間
平日午後の診療は午後4時迄、土曜日午前の診療は
午後0時迄にのご来院をお願い致します。

■診察券のある方の最終受付は平日午後4時半、土曜日は
午後0時15分とさせていただきます。

■乳がん検診・美容皮膚科は
予約制となります。

■初めて受診される方は
ご予約が取れません。

時間表

今月の詳しい診療時間はこちら

産婦人科・産科携帯サイト

ちょっと…

乳癌検診学会 @ at TOKYO  

2013/11/11

先週金曜日東京日帰り乳癌検診学会に行ってきました。
東京都庁横 京王ブラザでした。
朝一飛行機。東京都庁で下車。
都庁建物の大きさにまた近隣のビルの大きさにびっくりしました。新宿です。

乳癌の話は年々罹患率もあがっているので深刻です。
検診率を上げるため死亡率を下げるために検診学会の先生が日々励んでおられます。

“当院にても乳癌検診は受けてくださいね”とお話ししますが
“私はならないから・・・”
“痛いからマンモグラフィーは・・・”
とおっしゃる方が多いのが現状です。

だれもかかりたくないのが病気です。
またかかったとしても早く治したいのが気持ちです。

厚生労働省のホームページで、平成24年人口動態統計確定数の概況が発表されましたので、女性の悪性新生物の部分を抜粋しました。
  

今年も残り少々

2013/10/28

今年も残り少々

暑い夏がつい先日までと思っていましたがもう11月に入ります。
2013年残りわずか・・。
急に気温も下がりました。
体調不良に気を付けたいですね。

若年者の子宮頚部細胞診(子宮がん検診)にての異常が最近増えています。
検診受けましょう!!

*11月8日は乳癌検診学会でお休みします。

*インフルエンザ予防接種10/19から初めております。

  

子宮頸がん予防ワクチンに関して・・・独り言・・・

2013/09/17

ヒトパピローマウイルス (HPV) ワクチンは、子宮頸がん、尖圭コンジローマ、その他のあまり一般的でないがんの発生に関係するHPVのうちある種の感染を予防するためのワクチンである。
現在、ガーダシル・サーバリックスの2種類のワクチンが販売承認されている。産婦人科医師は4価 ガーダシルの使用がほとんどであろう。

どちらのワクチンも、子宮頸がんの70%、肛門がんの80%、膣がんの60%、外陰がんの40%の原因となる2種のHPV(HPV16およびHPV-18)を予防する。これらのHPV型はまた、ほとんどのHPV陽性口腔喉頭がんやその他の稀な性器がんの原因となる。ガーダシルは、性器がんの90%の原因である2種類のHPV型(HPV-6およびHPV-11)も予防する]。

ワクチン接種に関して日本国内で副作用の懸念があり春からの接種が積極的ではないのが現状である。

果たしてそれでいいのか?
当院でこの2か月HPV疾患に関係した20代女性の方が連続した。性交渉前にワクチン接種で予防できた疾患である。
当院のような小さなクリニックでの現状である。
大阪府また全国規模になればこの何倍になろうか・・・

3年前には公費補助が始まっていた。
非常に残念である。予防できたはずである・・・・

予防接種には副作用がないわけではないと言う事実もあるがだからと言って救える病気を救うことができないことには大きな疑問がある。
産婦人科医師はそうつぶやいている・・・。

Sexual activity debutがなければHPV感染はないのが一般的である。
なぜ接種する必要があるか理解できる年齢は中学生活が始まり少し落ちついた2年生ごろからSexual activity debutがなければ高校1年がベストな時期もしれない。
内科小児科でも接種可能であるが産婦人科受診されて説明をきかれたのち理解し同意しての接種がベターかと思われる。
救える病気は救おうではないか?
独り言である。・・・・・・
意見はいろいろとあろうか?との思う・・・・・。

  

暑い夏

2013/08/31

今年はとても暑い夏でした。
雨も降らず、降れば豪雨。
地球もおかしくなってきているのでしょうか?
世界のどこかしこで戦争もあり・シリアへの軍事介入があるのでしょうか?
日本は賛成側に?反対側に?
核兵器・化学兵器のどちらの怖さも知っている日本。
電気の問題・CO2問題も難題山積。
福島の原発問題。
日本の原発も将来的にどの方向に行くのでしょうか?
平和とは?と考える8月です。

8月10日土曜仕事後、神戸に美容皮膚科学会に出かけました。
うだる暑さでした。
ざ瘡のセッションでとても勉強になりました。
ざ瘡は早ければ10歳前半から始まり、20歳半ばまでには自然に治ることが多い日常の疾患です。「たかがニキビ(にきび)」と思って、適正な治療を行わずに放置したり、自分でつぶしたりしていると、強い炎症が起こり、皮下組織が破壊され「ニキビ(にきび)痕(瘢痕)」を残すことがあり、いったんできてしまったニキビ(にきび)痕は瘢痕となり治らないとのこと。
中学生時ごろからの治療がベターとのこと。越前の先生がお話しされており中学校保健室にポスターにて治療促進をはかっているとのことでした。

秋から新しい機械を稼働します。
下記写真の下記メソアクティス。
詳細はまたHPならびに院内にてお知らせいたします。

  

前ページ 次ページ
- Topics Board -